化粧水を冷蔵庫に入れるのは間違い!

1159305

こんにちは~。

毛穴アドバイザーの涼子です。

 

「化粧水は冷蔵庫に入れて冷やすべき!」

と、聞いたことがありませんか?

 

今は冷蔵庫に入れている方が少なくなったと思いますが・・・。

 

もし、今も化粧水を冷蔵庫に入れて冷やして保管しているならば注意が必要ですよ!

1343843

 

化粧水を冷やすデメリット

 

冷蔵庫で冷やした化粧水を使うと、

冷たくてスッキリする
毛穴が引き締まる気がする

といった言葉を聞きますが、実は毛穴にとって悪影響な事があります。

 

それは、化粧水を急激に冷やす事で化粧水が凍る=結晶が出来てしまう可能性があります。

 

また、化粧水を常温に戻したことで結晶は戻りますが、温度の急激な変化により、化粧水の品質は劣化してしまいます。

 

また、結晶が残っていた場合は化粧水をお肌につけていると違和感が出たり、お肌を傷つけてしまう可能性があるのです・・・。

 

また、化粧水を冷やしてしまう事によってお肌への浸透率も下がります。

常温で保存した化粧水と比べて浸透率は半分以下になります。

そうなってしまうと、いくら毛穴悩みに効く成分が配合されている化粧水を使用してもお肌に浸透しないので意味がないですよね。

 

それどころかお肌を傷つける事で毛穴の悩みが悪化する可能性も高いのです。

a portrait of attractive asian woman in trouble

オススメの化粧水保存方法

そこでオススメしたい化粧水の保存方法ですが、まずは化粧水のパッケージをしっかりと確認してください。

化粧水によって、配合されている成分が違うように保存方法が違う場合もあります。

 

大体、共通しているのが

直射日光を避ける事
高温多湿の場所を避ける事

153_1102_22960

 

です。

 

そして、大切なのが化粧水のフタをしっかりと閉める事

01_シンプルな材料で保存料無添加の化粧水を作れる-1024x682

 

化粧水は開封すると同時に空気に触れるので劣化が始まってしまいます。

 

劣化が始まった上に、化粧水を使う度に少しでもフタが空いてしまっていると、そこから菌が侵入してしまいます。

 

そうする事で化粧水の品質はどんどん下がってしまいますので、絶対に使用後はフタを閉めてお使い下さいね。

 

また、化粧品によっては冷暗所で保管するのが適切な物もあります。

 

そうした注意書きが書かれている物もありますので、保管前にしっかり確認してくださいね。

 

 

 

 

毛穴ケアに必要なクレンジング剤

f50a5c6d954138

こんにちは~。
毛穴アドバイザーの涼子です。

 

あなたはいつもどんなクレンジング剤を使用していますか?

 

クレンジング剤にも種類が多く、どのクレンジング剤を選んだら毛穴の黒ずみが治るのかな~など考えた事ありませんか?

そこで今回はクレンジング剤について注目してみたいと思います。

images (2)

クレンジング剤の種類

まず先にクレンジングの種類をお話しますね。

クレンジングには

オイルタイプ,ジェルタイプ,クリームタイプ,ミルクタイプ,シートタイプ,ポイントメイク落とし

 

などがあると思います。

 

それぞれの特徴を簡単に説明しますと・・・

オイルタイプ

メリット・・・洗浄力が強く、濃いメイクでも簡単に落とせて、お風呂場でも使える。
デメリット・・・洗浄力が強いので必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になりやすい。
また界面活性剤が多く含まれているためお肌への刺激が強く、洗い残しが多く肌トラブルの原因になりやすい。

ジェルタイプ(水性と油性がある)

メリット・・・ジェル状なので肌への刺激が軽減出来、メイクに馴染ませやすい。
お風呂場で使っても洗浄力はほとんど変わらず、さっぱりとした洗い上がりになる。

 

デメリット・・・オイルフリーのモノだとマスカラなどを落としにくい。
水性タイプだと洗浄力が低くポイントメイク落としとの併用が必要になり、オイルタイプだと肌への刺激が強い。

クリームタイプ

メリット・・・お肌への刺激が少なく、メイクを落としながら保湿する事が出来、潤いを保ちながら洗顔が出来る。
デメリット・・・オイルタイプよりも洗浄力が弱く、洗い上がりにベタツキ感がある。
しっかりと落とさないと油分がお肌に残ってしまい、クレンジングに時間がかかる。

 

ミルクタイプ

メリット・・・お肌に馴染みやすく、クレンジングとして使いやすい。
お肌への刺激が少なく、クレンジングしながら保湿も出来るため、乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすい。
デメリット・・・クレンジング力が弱く、洗い上がりはクレンジング剤が残った感じがする。
洗浄力が弱いためクレンジングに時間がかかり、アイメイクなどには他の油分が多いクレンジング剤を使う必要がある。

シートタイプ

メリット・・・水を使わずにメイクを落とすことが出来、手軽に使える。
デメリット・・・シートの摩擦でお肌に与える負担が強く、アルコール成分も多いため刺激が強い。
シートを使った後に何もしないとクレンジング成分がお肌に残り、こすりすぎてしまうと色素沈着の原因になる。

 

私がオススメしたいクレンジング剤

sengan_women2

上記でそれぞれのクレンジング剤の特徴が分かったと思いますが、私がおススメしたいクレンジング剤は・・・・。

 

クリームタイプ、ミルクタイプのものになります。

ダウンロード (4)

何故なら、毛穴の黒ずみ、開き、角栓などで目立つ方はお肌が乾燥してしまっている方が多いからです。

 

乾燥しているお肌はちょっとの刺激でも大ダメージとなってしまいますので、お肌に優しいもので洗って頂く必要があります。

 

お肌に優しい分、洗浄力も低いのでアイメイクや口元のメイク部分はポイントメイクリムーバー落としを使用して落とすようにしましょう。

 

しかし、ウォータープルーフのファンデ―ションなどを使用している場合はあまり落とせない可能性があります。

 

ですので、その場合はクレンジングオイルを使用しても構わないのですが、お肌にかける負担を減らすように使用してください。

 

クレンジングオイルをお肌に載せる時間は出来るだけ短く、強くこすらないようにする

 

を、徹底して行ってくださいね。