いちご鼻や頬に有効な美白成分

この記事は、いちご鼻や頬であるメラニン毛穴に有効な美白成分について紹介しています。

 

こんにちは
毛穴LABの毛穴ケアアドバイザーの涼子です

ここでは、いちご鼻やいちご頬であるメラニン毛穴に有効な
美白成分について、お話ししていきたいと
思います

美白成分と聞くとどんな成分を思い出すでしょうか?

美白成分は、様々な種類があります

●ハイドロキノン
●ビタミンC誘導体
●アルブチン
●トラネキサム酸
●コウジ酸

などなど、色々な美白成分があります

いちご鼻にアタックできる美白成分

いちご鼻

「ハイドロキノン」
この美白成分は、知っておられる方も
多いのではないでしょうか?

皮膚科などでの処方だったのですが、低濃度で
あれば、化粧品にも配合できるように
なりました

メラニンを薄くし漂白していき
還元作用を備えています

「お肌の漂白剤」とも呼ばれている成分です

かなり高い美白効果のある成分ですが
敏感肌の方ですと、お肌に刺激を
感じる場合もあります

「ビタミンC誘導体」
壊れやすい、ビタミンCを誘導体にすることで
安定化させた成分です

メラニンが生成される事を防ぐだけではなく
メラニン色素の還元作用もあり
美白に優れています

ですが、ハイドロキノン同様に
刺激が強いので、乾燥肌の方は特に
保湿成分が含まれている化粧品を
お使いになる事をおススメします

この上記の2つの美白成分は
メラニンを作る過程を抑えて、更に
出来てしまったメラニンを薄くしてくれる
作用があります

なので、いちご鼻やいちご頬になってしまった

メラニン毛穴のケアには最適というわけです。

これから出来るいちご鼻への予防には

いちご鼻

「アルブチン」
梨、ウワウルシなどの植物に含まれている
成分です

チロシナーゼに直接作用し、メラニンの
生成を抑えて、肌に吸収されると
ハイドロキノンになり、メラニンの
色素を除去する働きも持っています

アルブチンには、2種類あるのですが
そのどちらも、ハイドロキノン誘導体です

ただ、ハイドロキノンに比べて
皮膚への刺激がほとんど少ないのが
特徴です

「トラネキサム酸」
メラニンの生成を抑えて、炎症を抑える
働きをもつ美白成分です

また、美白効果だけではなく肌荒れを
改善してくれる効果もあります
「コウジ酸」
味噌や醤油などの、麹菌由来の成分です

コウジ菌を扱う人の手が白く美しいという
事から、発見されたと言われています

チロシナーゼの働きを抑える効果も
あります

ここで、良く出てくる「チロシナーゼ」とは
メラニン色素を作り出す色素細胞が
あるのですが、これをメラノサイトと
言います

このメラノサイトだけが持っている
酸化酵素の事です

メラニン毛穴は、過剰なメラニン色素が
生成されることによって引き起こされます

なので、このチロシナーゼに
働きかける事が美白に効果がある
という訳なのです

いちご鼻・頬になってしまったもの

いちご鼻・頬の予防が出来るもの、

美白成分も種類や用途が多種多様で
ありますので、それらを知ったうえで
メラニン毛穴ケアを行ってほしいと思います

いちご鼻には美白が有効!

この記事は、いちご鼻ともいわれる黒ずみ毛穴の種類の一つであるメラニン毛穴についてご紹介しています。

 

こんにちは
毛穴LABの毛穴ケアアドバイザーの涼子です。

黒ずみでお悩みなどはありませんか?

鼻に黒ずみが出来ると「いちご鼻」と表現
される場合もありますよね?

いちご鼻が出来てしまうと、化粧をしていても
綺麗にならず、とっても悲しい気持ちになります

いちご鼻・頬には、2種類あるのをご存知ですか??

皮脂が酸化して黒ずみになるパターン
紫外線から、色素沈着し、いちご鼻や頬の黒ずみになるパターンです

今回は、この2種類の黒ずみの1つ
色素沈着型のいちご鼻といちご頬について、
お話ししていきたいと思います

色素沈着型の黒ずみ、いわいるメラニン毛穴と
呼ばれるものですが、毛穴の色が黒っぽいが
触ってもザラザラしていない場合は
メラニン毛穴だと思います

メラニン毛穴とは?

いちご鼻

メラニン毛穴というのは毛穴のくぼみ部分が
日焼けしたり、炎症によってメラニンが
発生してしまってそのまま沈着してしまったものです

要するに毛穴にできてしまったシミという事ですね

このメラニン毛穴になると
皮脂を取ったり、洗顔を頑張るなどをしていても
メラニン毛穴には実感が出てきません

先ほども言いましたが
メラニン毛穴はシミなので
美白ケアをする必要があるんです

肌がまだ若いのであれば毛穴に
メラニンが沈着してしまったとしても
肌のターンオーバーで古い角質と
共にシミも生まれ変わった新しい綺麗な肌に
なっていくのですが…

肌の代謝機能が落ちてきたり、ターンオーバーが
正常でないとそのまま
シミが居座ってしまうこともありえます

また美白ケアするとしないとでは
シミが消えていくスピードに雲泥の差があるので
早くメラニン毛穴ケアには
美白ケアが有効になるのです

メラニン毛穴には紫外線対策が必要

いちご鼻

顔のなかでも鼻は高い位置にありますので
紫外線が当たりやすい部分です

そしてついつい触ってしまう箇所でもあります

そうした刺激によってメラニンが
発生してしまっていることがあるので
鼻も忘れずに紫外線対策をすること
むやみに触らないようにすることを
普段からしっかり守るようにしてください

出かける時は、
まずしっかりとUVケアをしておくことで、
紫外線から守る事が出来ます

紫外線にむやみに晒してしまうと、
メラニンが活発に動き出し、
それが原因で、メラニン毛穴が
増えていく可能性があるので、
十分に気を付けて下さい

 

そんなメラニンの生成を止めてくれる毛穴専用の美容液があるのを知っていますか?
数えきれないぐらい毛穴用化粧品で失敗した私が唯一毛穴に効果があったと言える美容液です^^

私がたった14日間で『毛穴が引き締まってきた!』と感じた美容液『ソワン』はこちら!!

角栓は除去する!と思っているとなくなりません。

この記事は、いちご鼻や頬を引き起こす原因の角栓のお話をしています。

 

こんにちは。
毛穴LABの毛穴ケアアドバイザーの涼子です

お花見シーズンも、もう終わりで
これから、どんどん暖かくなるんでしょうね

さて、この春という季節はいちご鼻のような
色々な毛穴のトラブルが起きます

そこで、今回は角栓の知っていてほしい
知識を話していきたいと思いますね

 

角栓へのNG行動

角栓をギュギュッと指で押し出すのはNGです。

いちご鼻
もちろん、角栓スティックでの押し出しも禁止です。

 

これを行う事によって、角栓を
除去し過ぎるという、変化に毛穴は
異常だと感じて、新たな角栓を作って
しまうからです

そして、ブラシで毛穴を掃除する方法も
ありますが、これは元々ダメージを
受けている毛穴にとっては、刺激しか
ありません

刺激を与える事によって、毛穴は
どんどん、トラブルを抱え
結果角栓が増えていく可能性があります

ピンセットで角栓を引っこ抜いたり爪でかき出したりすることも、毛穴自体を
痛めつける行為となって、いちご鼻やいちご頬になる可能性があるので

無理に角栓は引っこ抜かないというのが前提で角栓ケアをしていきましょう

 

角栓除去に必要な事

角栓を除去しやすい毛穴になるには
毛穴はもちろんのこと、角栓自体を
柔らかくしていく事が大事です

角栓を柔らかくしていかなければ
毛穴から、角栓が排出しにくくなるのです

角栓は溜まっていくとどんどん
硬くなってきます

それに伴って、毛穴も硬くなるのです

硬くなった毛穴からは、角栓は
排出されにくく、どんどん毛穴に
溜まっていきます

溜まった角栓が、酸化するとそれが
黒ずみの原因になるのです

つまり、この方法では「いちご鼻」「いちご頬」になってしまうというわけです。

ここで必ず、行ってほしい事はいちご鼻やいちご頬等の黒ずんでしまった「頑固な角栓で」
悩んでいるのなら、確実に湯船に1日1回最低でも、浸かるという事です

00254_1381

湯船に浸かるという事をする事によって
老廃物が排出し易くなり、血行も
良くなります

角栓は、古い角質と皮脂が混ざり合った
ものですから、皮脂は温度で溶けていきます

角栓自体は、7割がタンパク質ですので
溶けるという事はありませんが、湯船に
浸かるという事で、毛穴が柔らかくなっていき
古い角質も剥がれ落ちやすくなるのです。

角栓は、角栓と毛穴を柔らかくしてからの
ケアがポイントになってきますので

いちご鼻になってしまう危険性のある角栓は
「除去」という点でばかりを重要視しないように
ケアをしていきましょう!

 

角栓を除去する方法でケアをしているのならカチカチ毛穴になっていませんか?

私がたった14日間でカチカチ毛穴→柔らか毛穴になった美容液『ソワン』はこちら!!