【秋冬に増加】いちご鼻になってしまうお風呂の入り方

この記事では、いちご鼻になってしまう恐れのあるお風呂の入り方について迫っていきます!

朝晩めっきり涼しくなってきて、帰宅したらすぐに温かいお風呂に飛び込みたくなる季節ですね。

でも、お風呂に飛び込む前にちょっと待ってください。

もしかしたら、あなたはいちご鼻になりやすいお風呂の入り方をしているかも・・・!?

熱過ぎるお風呂で、毛穴をいじめていませんか?

atuburo-fw

暑い季節は低めの温度で設定していたお湯も、最近ジワジワ高い温度に設定していませんか?

もしもあなたが毎日42℃以上の温度を顔に浴びているとしたら、要注意です!

肌の潤いを守ってくれる「細胞間脂質」は、42℃くらいのお湯を浴びるとどんどん外へ流れ出てしまいます。

そのため肌のハリや潤いを支えることが出来なくなり、お肌の表面がどんどん乾燥しやすくなってしまいます。

また、顔を洗うには36~38度くらいのお湯で行った方が、毛穴の汚れを穏やかに分離することが出来るので、体を洗う時とはお湯の温度を切り替えて行うことをおススメします。

熱いシャワーを直接顔に浴びていませんか?

%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc-fw

先ほどもお伝えしましたが、熱いお湯は毛穴にとって大ダメージです。

さらに、お風呂でメイク落としや洗顔をされている方は、体を洗う時一緒にシャワーでザっと顔を洗い流す・・・という方も多いのではないでしょうか?

もしやっているなら、これも実は毛穴にとって大ダメージです。

シャワーの勢いは直接顔に浴びるには毛穴にとって刺激が強すぎますので、顔を洗う時にはシャワーから水道に切り替えて行うか、一度手にお湯を貯めて顔を洗うようにしましょう。

洗い残しのシャンプーやリンスを、毛穴に詰まらせていませんか?

この時期はシャワーを早々に済ませて、早く温かい湯船に入りたくなってしまうため、顔に洗い残しのシャンプーやリンスが残りがちです。

ですが、シャンプーやリンスに含まれる洗浄成分が顔に残ってしまうと、毛穴の水分がどんどん奪われてしまいますし、毛穴を守るバリア機能が傷ついて乾燥しやすくなってしまいます。

ですので、これを防ぐためには、お風呂の中で顔を洗うのは一番最後にするようにしましょう。

一番最後に洗った方が、毛穴がキレイになった状態ですぐに保湿に取り掛かることが出来るため、いちご鼻になるのを防ぐことが出来ます。

熱いお湯に浸かり過ぎるのは、毛穴にとって赤信号!

column0918_01

温かいお湯にしっかり使って毛穴を開くことは確かに良いことですが、長くお湯に浸かり過ぎるのはかえって毛穴にとってよくありません。

なぜなら、水道水には塩素が含まれているので、あまり長く体を浸したり、顔に浴びてしまうと、肌細胞を酸化させて乾燥肌を招いてしまうことがあるのです。

乾燥肌になると、皮脂の量が増加していちご鼻になりやすくなるため、こちらも注意が必要です。

いちご鼻にならないためには、お湯の温度は超重要!
%e9%a2%a8%e5%91%82%e4%b8%8a%e3%82%8a-fw

熱過ぎるお湯に長く浸かるよりも、38℃程度のお湯に5分間じっくり浸かった方が、お風呂を出た後の温かさの持続時間も長いという報告もあります。

また、これくらいの温度のお湯に入ることを、「微温浴」というのですが、体温と同じくらいの温度で入ることで、筋肉疲労の回復にも良いと言われています。

また、これくらいの温度は入浴剤との相性もとても良く、また入浴剤を使うことで水道水に含まれる塩素を弱めることが出来ますし、安眠効果やリラックス効果を高めることが出来ます。

お風呂での過ごし方は、この時期の毛穴ケアにとって特に重要です。

今お話しした4つのポイントを押さえて、いちご鼻対策をしっかりしましょうね!

私こと佐藤まあやは、
毛穴ケアに役立つ情報発信の他に、
LINE@で1:1トークのお悩み相談も
行っています🙋

 

誰にも相談できないお悩みや
毛穴ケアでお困りのときなど
お気軽にご連絡ください😊

一緒に毛穴ケアを頑張っていきましょう😘

お待ちしております❣