「昼までぐっすり」の毛穴を襲う、4つのトラブル

この記事では、寝過ぎといちご鼻についてご紹介しています。

こんにちは~毛穴アドバイザーの涼子です。

お休み前夜にお布団に入る瞬間って幸せですよね♪

あ~明日は目覚まし時計を掛けないで、ぐっすり好きなだけ眠れるぞ!

と思いながら目を閉じる瞬間、たまりませんね。

特に予定がないお休み、「目が覚めたら昼過ぎだった」なんて経験、あなたもありませんか?

「睡眠不足は毛穴の大敵」といいますが、実は「寝過ぎ」も毛穴の大敵なのをご存知でしょうか?

寝過ぎてしまうと、いちご鼻になるリスクが高まる・・・

眠り過ぎると開き毛穴が・・・

あなたは、お休みの日何時間くらい寝ていますか?

「お昼過ぎまでぐっすり」のあなたには、こんないちご鼻のリスクが忍び寄ってきているかもしれません。

一つ目のリスクは、「変性皮脂」です。

私たちの顔は、皮脂の天然バリアによって刺激から守られています。

皮脂はついつい、毛穴の角栓となる悪者とされがちですが、肌を守るために必要なもの。

しかし、それはあくまで「新鮮な状態の皮脂」です。

皮脂は、最後の洗顔後約10時間が経過すると、毛穴に悪影響を及ぼす「変性皮脂」へと姿を変えます。

この変性皮脂は毛穴に詰まると角栓となります。

また、長い時間放置されてしまうと、顔カビの一種である「マラセチア菌」のエサをなってしまい、

菌が増えてしまうことで顔に痒みや刺激を感じてしまうことになります。

変性皮脂自体は生理現象なので仕方ないのですが、寝過ぎてしまうとこれを放置してしまうことになり、いちご鼻を招くことになるのです。

 

二つ目のリスクは、「乾燥」です。

特にこの時期は寝苦しい夜が続きますので、冷房や扇風機をかけたままお休みになる方が多いと思います。

眠った状態が長く続くと、当然ながら洗顔と保湿が出来ない状態が長く続きますので、肌は乾燥します。

また、この乾燥状態が長引くと、肌は水分バランスが崩れ、皮脂を大量に分泌します。

よく寝過ぎた時に顔が普段よりもテカっているのは、このためと考えられます。

保湿効果の高いアイテムを使用したとしても、限度がありますので過信しないことが大切です。

 

三つ目は「酸化」です。

長すぎる睡眠が続くと、脳の中の「メラトニン」の分泌が乱れます。

この状態が続くと、毛穴の大敵である活性酸素を除去する力が低下してしまい、細胞がダメージを受けやすくなります。

細胞がダメージを受けると、毛穴の黒ずみが目立ち、いちご鼻になる恐れがありますので、これも注意が必要です。

 

四つ目は「体内時計が崩れてしまうこと」です。

例えば昼過ぎまで寝てしまうと、次にちょうど良い時間に夜寝付くことが難しくなってしまいます。

そうなると、翌日になって精神的にも肉体的にも疲労を感じやすくなってしまい、かえって眠る前より疲れてしまったというような状態に陥ることがよくあります。

眠り過ぎていちご鼻になってしまわないために

開き毛穴には睡眠が大切

そのためには、自分の眠りのリズムを乱さないことが大切です。

睡眠のゴールデンタイムは22時から深夜2時と言われています。

この時間には、美肌作りに大切な成長ホルモンが多く分泌されますので、「明日は休みだから」と羽目を外し過ぎず、出来るだけこの時間に眠りにつくようにしましょう。

 

睡眠の質を上げるためには、起きている間の質が大切です。

眠りにつく時間が近づいて来たら、脳を刺激してしまいがちなスマートフォンやパソコンを自分から遠ざけるようにしましょう。

また、少しずつ部屋の灯りを落とすことも「眠り」のスイッチを入れるために効果的と言われています。

 

気を付けたいのが、「二度寝」です。

せっかく一度起きたのに、再び眠ってしまっては意味がありません。

一度自然と目が覚めたら、そのまま眠ってしまわずに一度起き上がって太陽の光を浴びましょう。

光を浴びると体は自然と目覚めますので、どうしても起きられない場合は、部屋のカーテンを少し開けておいて、光を強制的に浴びる環境をつくるのもおススメです。

 

また、便利だけれど実は注意したいのが、携帯電話のスヌーズ機能です。

設定した時間置きにアラームが鳴って起床をサポートしてくれる便利な機能なのですが、実は、スヌーズ機能を愛用している人の方が、愛用していない人に比べて起床後の活力が低下しやすいという報告があるのです。

 

人の脳は外側からずっと起床を補助され続けると、もともと持っていた起床するための自立機能が低下してしまうといわれています。

ですので、スヌーズ機能はどうしても置きなければいけない日に限定して、慣れ過ぎないように気をつけましょう。

眠ることは体と心にとって大切なことです。

 

ですが、眠り過ぎてしまうことはいちご鼻にとっても悪い条件を招いてしまいますので、自分の眠りのリズムを知り、眠り過ぎてしまわないよう注意しましょう。

どんどん毛穴が美しくなるお酒の飲み方

この記事では、開き毛穴に悩んでいる方におススメの、お酒の飲み方をご紹介しています。

こんにちは♪

佐藤まあやです。

季節は春・・・

春と言えば、歓迎会やお花見などでお酒を飲む機会が多いですよね。

職場の飲み会や、サークルの打ち上げ、里帰りしたときに地元のお友達と乾杯!っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

普段出来ない色んな話が出来たり、楽しすぎてつい飲み過ぎてしまうこともありませんか?

「お酒は肌に悪いよ」

というアドバイスを聞いたことはありませんか?

たしかに飲み過ぎた翌日は、ファンデーションの毛穴落ちが気になりますよね。

ということは、やっぱりお酒は開き毛穴にも良くないんでしょうか??

飲み会翌日の開き毛穴は、お酒のせいではなかった

開き毛穴と酒

いいえ、お酒は決して肌には悪くありません。

元々アルコールを受け付けない方は別として、適度なアルコールを摂取することは血液の循環を良くするので、逆に肌に良いという報告もあるくらいです。

では、どうして飲み会翌日は特に毛穴が開きがちなのでしょうか?

それはお酒ではなく、「お酒の飲み方」「お酒を飲む環境」に問題があります。

職場や友達とのお酒の席で、始めは「ちょっと1杯」と言っても、なかなか1杯ですぐ席を立つことは難しいですよね。

たいていのお酒の席は、深夜まで続くことが多く、睡眠時間を削ってしまうことになります。

さらに就寝前にアルコールを摂取すると、量によっては神経が興奮状態になりますので、なかなか寝付けないことになります。

さらに、お酒の席はたいていタバコの煙が漂ってくることが多いので、自分が吸っていなくても、副流煙によって、肌に大切なビタミンCが破壊されてしまうのです。

また、お酒のつまみは油ものや味が濃いものが多く、皮脂線の働きを活発にしてしまいがちです。

また、お付き合いで参加した席であれば、気を使いすぎてストレスを溜め込んでしまうこともあるでしょう。

このように、お酒そのものが悪いというよりもむしろ、お酒を取り巻く環境が毛穴に悪影響を及ぼしているのです。

毛穴にいいお酒ベスト3

お酒が必ずしも毛穴に悪いわけではないということをお伝えしたところで、

毛穴にいいお酒の種類をお伝えしちゃいます。

第3位・・・日本酒♪

日本酒にはフェルラ酸という抗酸化成分が含まれています。

フェルラ酸はバナナが黒ずんでしまうことを防いだり、抹茶が茶色く変色してしまうのを防いだりするのにも使用されています。

毛穴の黒ずみを防いで、アンチエイジングに一役買ってくれると言えるでしょう。

第2位・・・赤ワイン♪

続いて赤ワインです。

赤ワインの嬉しい成分が、なんといってもポリフェノール♪

日本酒と同じく抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去する役割があります。

他にも、血液の流れを良くしてくれて、血栓や動脈硬化を防いでくれたり、目の疲れを癒してくれる働きがありますよ♪

第1位・・・ビール♪

「えっビール??」

って意外に思われるかもしれませんが、ビールの持つ美肌効果は凄いんですよ~!

まずは酸化を防ぐポリフェノールが豊富に含まれています。

また、ビールには整腸作用があり、腸の働きを助けてくれるので、美肌の大敵「便秘」を防ぐことが出来ます。

腸の働きがUPすることで、免疫力もUPします!

さらに、ビールの原料「ポップ」は薬用ハーブとしても注目されているのですが、

ポップの力の一つとして有名なのが「精神を安定させてくれる」というところです。

さらに驚くべきポイントは、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているということ。

アメリカでは「下手なマッサージを受けるより、ビールを飲んだ方がいい」という声もあるくらいです。

ただし、女性の飲み過ぎには注意が必要

お酒は開き毛穴によくない?

ここまで、お酒が与えるプラスの影響についてお話しさせて頂きました。

しかしながら、飲酒が女性の体にマイナスな影響を与えることもまた事実です。

統計的にみると、女性は男性に比べてアルコールの影響を受けやすいと言われています。

特に女性ホルモンが高まっている生理前は、アルコールの分解機能が低下している時期ですので、普段に比べ悪酔いしやすい時期と言えるでしょう。

また、肝臓にダメージを受けやすいのも女性です。

過度の飲酒は糖尿病や高血圧と言った生活習慣病を招きますし、慢性すい炎や肺炎などの感染症、骨や筋肉の老化といったリスクも高まります。

スキンケアの面において心配なのは、「肌の老化」です。

適量のお酒は抗酸化作用があるのですが、適量を超えてしまうと、逆に体内の活性酸素を大量に発生させ、老化を加速させてしまいます。

肌の活性酸素が大量に発生すると、メラニンの量が増えたり、美肌に必要なコラーゲンやエラスチンも破壊してしまいます。

「適量」が、体と美肌を守ります。

お酒の力で開き毛穴を撃退!

これらのお酒のトラブルを回避するためには、自分の適量を知ることがとっても大切です。

普段はこれくらい飲んでも大丈夫

と思っていても、生理周期やストレスの溜り具合などによっても、酔いが回るスピードは異なってきますので、自分の体と相談しながら、無理をしないようにお酒を楽しむようにしましょう。

いかがだったでしょうか。

今回はお酒が持つ美肌効果についてご紹介させて頂きました。

お酒は美味しく適量で楽しむことが、体にも美肌にも大切ですね♪

意外に毛穴に良い食べ物ってたくさんあるので、これから他にもご紹介していきますね(*^▽^*)

毛穴に良い食べ物、こちらもチェック!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「食べる美容液」はちみつでいちご鼻撃退!