ひどいいちご鼻の悩みはコットンパックでケア!

この記事は、いちご鼻やいちご頬になる原因である角栓について、お話しています。
Fotolia_85795614_XS-300x200

こんにちは、
毛穴アドバイザーの涼子です。

言われた通りに洗顔したり
しっかり保湿をしているのに
角栓が目立ったまま変わらず、
いちご鼻へと成長してしまったりはしていませんか?

実は、いちご鼻のようなひどい角栓詰まりには
+ケアが必要になるんです。

今回は、ひどい角栓の対策方法について紹介しますね。

いちご鼻ができる原因

いちご鼻とは角栓が溜まって、酸化して黒ずんでしまった状態の事を指します。

角栓とは過剰に分泌された皮脂と古い角質(70%がタンパク質)
混ぜ合わさり、毛穴に詰まってしまったもののことを言います。

なので、いちご鼻は皮脂の分泌が多い方や
メイクの洗い残しや保湿不足の時に出来やすく、
白いポツポツ→黒いポツポツとなって目立ってしまいます。

では何故、皮脂が過剰に分泌しまっているのか

皮脂が過剰に分泌してしまう原因はいくつか挙げられるのですが、
オイリー肌の方はもちろん、乾燥肌の方も皮脂が過剰に分泌している事が多いです。

乾燥肌の方はお肌の水分量が足りていないために
「皮脂がお肌の潤いを取り戻さないと!」と、はりきってしまって
皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

また、皮脂が過剰に分泌されてしまっている状態で
クレンジングや洗顔が適当だと洗い残しが起こってしまい、
残った汚れが皮脂と混ざり合って毛穴に詰まり、いちご鼻の原因である
角栓になってしまうのですよね。

いちご鼻対策にはパックをしよう!

少し気になる程度の角栓なら毎日の洗顔方法や保湿を徹底して行う事で
改善されていく事が出来るのですが、
「いちご鼻になってて、毎日の洗顔ではとても追いつかない!」
という方もいらっしゃいます。

そんな時におススメしたいのが、コットンパックです。

ただし、ただのコットンパックではなく、
入浴中に行うコットンパックの事です。

入浴中のコットンパックの手順は以下です。

コットン、化粧水、ラップを準備

お風呂で髪、体、顔を洗い終える

顔の水気を少し拭き取り
準備していたコットンを水に浸す

水に浸したコットンを少し絞り
化粧水をしみ込ませて
角栓の気になる場所に貼り付ける
(顔全体にパックしてもOKです)

コットンを貼り付けた場所に
ラップで蓋をするように被せてあげる
(顔全体に貼る場合は息できるように
顔の上下でラップを分けてあげると
息苦しくならないで済みますよ)

半身浴をしながら
5~10分経ったらラップ&コットンを外す

お風呂上りに化粧水+乳液(クリーム)を
しっかりつけて保水、保湿をしておく

以上で終わりです(^^♪

とっても簡単に出来ちゃいますよね♪
洗顔が終わったあとですのでお肌に不純なものがついていない状態の為
美容成分が浸透しやすいですし、
半身浴中はお肌の血流も良くなっているため更に浸透度が増しています☆

ひどい角栓悩みの方は是非毎日のケアに取り入れてみて下さいね。

 

特に!私が使用してめちゃくちゃ効果があったコットンパックで使う美容液はこちら!

毛穴ケアをしてもぜんぜんだめだった私がたった14日間で綺麗な毛穴になった美容液『ソワン』はこちら!!

 

ソワンでコットンパックをすると、今まで使ってきた化粧水が嘘のようにするすると浸透するんです!
本当にどうしようもないいちご鼻や毛穴に悩んでいるのなら一度覗いてみてくださいね!

 

毛穴LAB無料相談室始めました(*^▽^*)

毛穴のお悩み、お気軽に私に話してみませんか?

毎週金曜17時~18時に、お返事させて頂きますよ~!

keana-kizi

いちご鼻さんにぴったり!蒸しタオルの美容健康効果!

この記事は、いちご鼻のような毛穴悩みを抱えた方に向けた蒸しタオルの活用法をお伝えしています!

ホットタオル

毛穴トラブルでまず改善してほしいのがやっぱり保水・保湿なんです。
乾燥肌の方やインナードライ肌の方なら分かってもらえると思いますが、
肌が乾燥した時たっぷりと化粧水をつけても肌がカサカサで固くなっているため、
化粧水の浸透が悪く潤いを感じることができないということがあると思います。

毛穴ケアを始めてみてもなかなか効果を感じないという方に多い原因の1つです。

なので、今日は乾燥肌の方でもたっぷりと毛穴に化粧水や美容成分が入っていく
「蒸しタオルケア」についてお話ししていきますね

 

自宅で簡単蒸しタオルケア!

本来、蒸しタオルは蒸し器を使ってタオルを温めるのですが、
この方法だと自宅で簡単にというわけにはいきません。
自宅で簡単に蒸しタオルを作りたい場合は、電子レンジを使うととても便利です。

レンジ蒸しタオル-300x225

<電子レンジで簡単!蒸しタオルの作り方>
1、厚みのあるフェイスタオルを用意し、長い帯状になるよう三つ折りにする
2、さらに2つ折りにし、水に浸す
3、固くタオルを絞り、耐熱皿に置き1分程度レンジで温める
レンジで温める時間はあくまでも目安です。
タオルの厚みで温かさも変わるので、1分レンジで温めた後に触って
温かさが足りない場合は、再度レンジで温めるようにしましょう。

また電子レンジ以外でも、簡単に蒸しタオルを作る方法があります。
それがお湯です。熱めのお湯にタオルを浸し、固く絞れば蒸しタオルになります。
※火傷にはくれぐれもご注意くださいね!

簡単にできるいちご鼻さん必見蒸しタオル毛穴ケア

9aecd50cf18ff70ebf8d6bda1f96e9e4-300x217

<クレンジング前に使ってメイク・いちご鼻の原因を除去>
メイクを落とす時、表面だけではなく毛穴に入り込んだファンデーションなども
綺麗に落とさないといちご鼻やいちご頬に繋がります。

普通にクレンジングをしても落ちるのですが、
落とし方が悪いと毛穴にファンデーションが詰まったまま→いちご鼻・頬なんてこともあります。

ここで蒸しタオルを使うとメイクが綺麗に落ちます。

1、メイクをしたままの状態で蒸しタオルを顔にのせる
2、蒸しタオルが冷めてきたらタオルを外す
3、普通にクレンジングと洗顔をする
4、冷水で毛穴を締める

Beautiful woman washing her face
Beautiful woman washing her face

蒸しタオルで顔を温めることで毛穴が開き、
毛穴に詰まったメイクや皮脂を綺麗に洗い流すことができいちご鼻+頬対策になります。

クレンジング・洗顔が終わった後ですが、
蒸しタオルで毛穴が開いたままの状態になっています。
これを放置してしまうと、また毛穴に汚れが詰まっていちご鼻になってしまいます。
クレンジングと洗顔が終わった後は毛穴を締めてあげましょう。

冷水で直接顔を洗ってもいいですが、
タオルを水に浸して固く絞ったものを1分程度顔に乗せておくだけでも
毛穴を締めることができます。

お風呂でクレンジングや洗顔をする人は、
蒸しタオルを使わずメイクを落とす前に湯船に数分浸かって
顔に蒸気をあててあげると毛穴が開き、
メイクや毛穴汚れが落ちやすくなります。
自分のライフスタイルに合わせて蒸しタオルは使いましょう。
<基礎化粧前に使って化粧水やクリームの浸透率アップ>
「最近、化粧水の浸透が悪い」という人にオススメなのが
基礎化粧前の蒸しタオルです。
こちらもクレンジングの時と同じで、蒸しタオルを使うことで毛穴が開き、
化粧水やクリームが浸透力が高まります。

1、洗顔が終わった後、蒸しタオルを顔にのせる
2、蒸しタオルが冷めてきたらタオルを外す
3、普通行っているスキンケア(化粧水・乳液・クリーム)をする
4、タオルを水に浸し、固く絞って顔に1分程度のせる

毛穴が開いて化粧水などの浸透が良くなっているので、
たっぷりと化粧水をつけてあげましょう。
そうすることで肌の奥から潤うので、翌日はモチモチ肌になります。

クリームや乳液といったオイルの入ったスキンケアも肌が温まっているので、
肌馴染みが良くなります。

そして最後はクレンジングの時と同じで、毛穴を締めてあげなくてはいけません。
クレンジングや洗顔の時とは違い冷水で締めるとせっかくのスキンケアが流れてしまうので、
スキンケア後は冷たいタオルを顔にのせて毛穴を締めるようにしましょう。

images (1)

また蒸しタオル=美容のために使うという人が多いのですが、
実は体の気になる悩みも解消することができます。

例えば肩こりが酷い人は、患部に蒸しタオルを当てるだけ血行が良くなり症状が軽くなることがります。

また首に蒸しタオルを当てるだけで、冷えやすい手足を温めることが出来ます。
首を温めることで血行が良くなるので、顔のむくみの解消にもなります。
私もよくあるのですが、お酒を飲んだ翌日など顔がむくんでしまうという方は、
朝起きてから蒸しタオルで首を温めてあげると顔がスッキリしますよ^^

 

 

蒸しタオルで間違った方法だと逆に肌トラブルも

美容や健康にといろいろと使える蒸しタオル、しかし使い方には注意が必要です。
特に、美容に蒸しタオルを使う場合は、反対に肌を傷めてしまうことがあるので慎重にならなくてはいけません。

<蒸しタオルの温度には気を付ける>
レンジでタオルを温めたら、必ず手でタオルの温かさをチェックしましょう。
表面は人肌でも、折りたたんでいる中は熱いということがあります。
蒸しタオルを使う前に、必ず広げて肌に乗せても火傷をしない温度であることをチェックしましょう。

そして、蒸しタオルを使っていると温度に慣れてつい熱い蒸しタオルを使ってしまいます。
慣れたからといって熱いものを使うと、火傷の恐れがあるので注意しましょう。

 

<美容に良くても使う頻度は多くても週2~3回>
「蒸しタオルを使うと毛穴の汚れも取れるし、化粧水の浸透も良くなる!
それなら毎日使ってもいいのではないか?」
と感じますが、それはよくありません。
蒸しタオルを毎日使うと、肌に必要な皮脂まで取れてしまい
肌が反対に乾燥してしまいます。

肌の状態が悪くても、蒸しタオルを使うのは週2~3回に抑えましょう。
肌状態が悪くない人は、週1回のスペシャルケアでも十分です。

 

<蒸しタオルでゴシゴシと顔を拭くと肌を傷めてしまう>
蒸しタオルをクレンジングやオイルパックで使う時、ついついタオルで顔を拭いてしまいます。

軽く顔を拭く場合は問題ありませんが、
ゴシゴシと拭いてしまうと肌が柔らかくなっているので、
普段より皮膚を傷めてしまいます。
蒸しタオルと使った時は、顔に余計な摩擦を与えないよう注意が必要です。
いかがでしょうか?
あなたのいちご鼻対策の毛穴ケアの1つにこの蒸しタオルケアを是非取り入れてみてください。
毛穴ケアはもちろんのこと、蒸しタオルケアを自分のものにできれば
他のケアにも十分に使えると思いますよ!
是非試してみてくださいね!

 

蒸しタオルケアにたった1つ毛穴ケアをプラスするだけで、
あなたの毛穴がみるみるうちにきれいになるかも!!
いちご鼻で悩んでいらっしゃる方は特に、このケアを試してあげるとGOODですよ!

私がたった14日間で毛穴トラブルから解放された美容液『ソワン』はこちら!!

いちご鼻さんと開き毛穴さん必見!毛穴タイプ別ケア方法

この記事は、毛穴トラブルの中でも多い、いちご鼻や開き毛穴についてお話しています。

いちご鼻ケアをする女

 

一言で毛穴トラブルと言っても黒ずみ・開き・角栓など、
様々な悩みがあると思います。
しかし毛穴ケアって全部ひっくるめて紹介されていますよね?
悩みが違うのにケア方法は一緒っておかしいと思いませんか?

なので今回の記事では毛穴の悩み別ケア方法をご紹介していきたいと思います。

鉄板の毛穴悩み。あなたのタイプはどっち?

肌悩みNo.1とも言える、「毛穴」。
一括りで「毛穴」と言っても、その悩みは、実は下記の2タイプのように分類できます。

1、毛穴の詰まり(黒ずみ、角質、ゴワつき、吹き出物)
目に見えて毛穴のボツボツが気になったり、触った時に固くごわついている場合はこちらのタイプ。
この悩みは、いちご鼻やいちご頬さんが多く抱えています。

2、毛穴の開き(たるみ毛穴、乾燥、テカリ)
年齢肌や乾燥肌に多いのがこちらのタイプ。毛穴の凹凸やカサカサが気になる方など。
また、反対にテカリが気になる方も、実はインナードライの可能性あり。
この悩みは開き毛穴さんが多く抱えています。

まずは「自分の毛穴に対する悩みはどちらなのか?」を知ることが大切です。
そのタイプに最適なアイテム・正しいスキンケア方法を選択することが、
無駄なく毛穴レスな陶器肌を手に入れる近道でしょう。

タイプ別で見る!今必要な毛穴ケア方法

いちご鼻

1、毛穴の詰まりタイプ
・黒ずみ(いちご鼻・いちご頬)
白い角栓の詰まりが見えるのが初期段階。
皮脂に古くなった角質が混ざり、それを落としきれていないと
「角栓」としてポツポツ毛穴になってしまいます。
さらにその角栓が溜まり、酸化や紫外線の影響を受け、
黒い角栓(黒ずみ)へと悪化して、この画像のような、いちご鼻になってしまいます。

・ごわつき、ざらつき
肌の新陳代謝が落ちることから古い角質がうまく剥がれ落ちず、肌表面に溜まります。
その結果、肌はゴワついて硬くなり毛穴を塞いでしまい、
吹き出物などの毛穴トラブルの原因にもなってしまいます。

「いちご鼻、ごわつき、ざらつきのお手入れポイント」

まず、毎日のクレンジングや洗顔の見直しが必要です。
指で角栓を押し出したり、ゴシゴシ洗顔をするのは、絶対にNG。
いちご鼻のもとである角栓を溶かしだしてくれるようなクレンジングや、
きめ細かい泡で毛穴の汚れをするんっと優しく落としてくれる洗顔アイテムを選びましょう。

また、「落とすケア」としては「拭きとり化粧水」などを使ってみるのもいいと思います。
拭きとり化粧水を使う場合は、コットンでお肌表面の角質を取り去ります。
敏感肌の場合、特に優しく拭きとりましょう。
何往復もせず、1箇所に1スクロール!を意識してやると肌への刺激も最低限に抑えることが出来ます。
クレイパックは、目や口の周りには皮膚が薄く角質も溜まりにくいため必要ありません。
肌全体が乾燥しがちであれば、小鼻やTゾーン、顎下のみ、週2~3回の使用で十分だと思います。

そして「落とすケア」の後にはたっぷりの水分と、その水分を蒸発させないための乳液かクリームがマストです!
シートマスクなどで水分をたっぷり与え、
綺麗になった毛穴を引き締めるためにもしっかりアフターケアしましょう。

いちご鼻さんは是非参考にしてみてください!!

たるみ毛穴

2、毛穴の開きタイプ
・乾燥肌、たるみ毛穴
うるおいが足りていないと、肌の乾燥により頬がつっぱり、
開き毛穴の状態になってしまいます。
また、そこに年齢や紫外線の影響がプラスされると、
肌の弾力が落ち、毛穴がだんだんと涙型の「たるみ毛穴」に変化しちゃうんです(泣)
余計に毛穴の開きが目に見えて分かるようになります。

・テカリ、皮脂過多
昼間のメイク崩れなどからあぶら取り紙などで
必要な皮脂までとりすぎるケアをしがちですよね。
結果、もともと乾燥肌なのに、
なぜかテカりが止まらない「インナードライ」タイプになってしまいます。
そして、自分は脂性肌なのだと勘違いしてしまい皮脂ケアを続けると、
ついに肌が皮脂コントロールをできなくなり、
「もっと多く皮脂をださなきゃ!」という指令を発信してしまうのです。
さらに皮脂が多くなりテカリが止まらない・・・という、負のスパイラルに陥ります。

「乾燥肌、たるみ毛穴、テカリ、皮脂のお手入れポイント」

まず、何よりもうるおいを与えること。
とろみのべったり化粧水を使う必要はないので、
水分たっぷりの使いやすい、みずみずしい化粧水をセレクトしましょう。

使う量はケチらず、きちんと適量を使い(乾燥肌はそれ以上たっぷり使う)、
ここでもシートマスクやコットンパックを活用するのがおすすめ!
毛穴問題が解決するまでは毛穴の引き締め効果が特徴のスキンケアにチェンジするのもアリでしょう。

もちろん、化粧水の後にはなんらかの乳液やクリームは絶対必要です。
べたつくからと言って、この行程を省いてしまうと、
インナードライでテカリの原因になることがあります。
もともとオイリー肌が気になっている方は、
油分が少ないものやオイルフリー処方の乳液・クリームなら、
重くなりすぎることなくうるおいをカバーできると思いますよ!

是非あなたの毛穴ケアが間違っていないか確認してみてくださいね!

あなたの毛穴ケア、本当に合ってますか?

この記事は、いちご鼻(頬)さんに向けたスキンケアの仕方のご紹介をしています。
pct_01_1

隠してもなかなか隠れない、いちごのようなボツボツの毛穴……。
いちご鼻やいちご頬のように見えてしまう毛穴の汚れを取るために、念入りな洗顔やパックを行っている人も多いかと思います。
しかし実は、よかれと思ってやっているケアが、
逆に毛穴の開きをどんどん悪化させてしまって最終的にはいちご鼻のような悲惨な状態に……!
そこで今回は逆効果を招くNG毛穴ケアと、
特に毛穴ケアで気を付けてほしい毛穴ケア方法をご紹介します!

 

毛穴が広がる勘違い毛穴ケア3選

1、念入り過ぎるW洗顔
念入りなクレンジングと洗顔のやり過ぎはNG。
多くのクレンジング料や洗顔料は肌にのせている時間が長ければ長いほど
必要なうるおいまで取り去ってしまい、乾燥を招きやすくなります。
肌が乾燥するとたるみを引き起こしやすくなり、
皮膚が下に引っ張られることで毛穴がより目立ってしまいます。

また、乾燥する事で皮脂が過剰に分泌してしまう事で
いちご鼻の原因や角栓の原因を作ってしまう事もあるのです。

2、定期的に毛穴パックを行う
毛穴汚れを毛穴パックで無理に取ろうとすると、
肌に必要な皮脂まで取り去ってしまったり、
使い続けることで毛穴周辺がダメージを受け、
より毛穴が悪化してしまい、いちご鼻や
いちご鼻の原因である角栓が
できてしまうこともあるので注意してください。

 

3、刺激が強いスクラブでの毛穴ケア
最近はスクラブタイプの毛穴ケアグッズも見かけますが、
グリグリと毛穴周辺を集中的に刺激し続けることで、皮膚への刺激になり、
お肌を守るためにメラニンが生成され、
いちご鼻やいちご頬等の黒ずみを招く可能性もあるのです。

 

このような間違った毛穴ケアは、毛穴を改善するどころか、悪化(黒ずみ)を招いてしまいます。
大切なのは、肌のうるおいを守りながら、
負担をかけずに毛穴の汚れを取り除くことです。

 

角質の落としすぎに要注意!

kakusen
角栓は角質と皮脂が混じりあい毛穴に詰まってしまったものです。
このように角栓と角質は切っても切れない関係にあるため、
正しい角栓ケアを行うには角質の役割をきちんと知ることが大切です。

 

全ての角質が、角栓を引き起こす悪いものというわけではありません。
角質は紫外線や汚れ・乾燥などの外的刺激からの肌を守るために欠かせないものです。

 

しかし、古くなった角栓が肌にとどまり続けてしまうと皮脂と混ざり合い、
角栓を生み出す原因になってしまいます。

 

そのため肌への刺激が強い毛穴パックなどを頻繁に使用してしまうと、
死んでしまった不要な角質ならまだしも、
肌を守ってくれている必要な角質を無理やり肌から剥がしてしまう 恐れがあります。
肌を守るための必要な角質が無理やり剥がされると肌を守るバリア機能が低下し、
外からのダメージを受けやすくなりシミや黒ずみが生まれる要因となって
いちご鼻やいちご頬になってしまいます。

 

洗顔の誤解!特に洗浄力の強い洗顔料はNG

スキンケアの基本「洗顔」ですが、洗顔方法を間違えているとせっかくの毛穴ケアも逆効果になってしまいます。
洗顔のポイントは「肌への負担をなるべく抑えること」と「皮脂を落としすぎないこと」
熱いお湯での洗顔や、強い洗浄力の洗顔料を使う洗顔だと鼻の角栓が取れそうな気がするかもしれません。

 

しかし、前の段落でもご説明させていただいたように角栓の主な成分は皮脂ではなく
「古い角質(タンパク質)」なので皮脂の汚れを落としたところで
角栓ケアには繋がりません。
また、熱いお湯で洗顔すると必要な角質までとれてしまう恐れがあるためオススメできません。

 

肌のバリア機能まで落としてしまう強力なクレンジングオイルや洗顔料を使うのは、
毛穴パックの場合と同じく鼻の角栓を更に深刻な状態にしてしまう危険があります。

 

また、洗顔時の水の温度は32℃くらいのぬるま湯が好ましく、
水分をよく含んだ泡で優しく洗顔をしたのちに丁寧にすすぎましょう。

 

よくすすいだ後のお肌はとてもデリケートなので、タオルで擦らないことも大切です。
摩擦によるダメージにも気をつけて、
すぐに冷やした化粧水や美容液で保湿ケアと毛穴の引き締めをしてあげることで、
毛穴の角栓は軽減していくことができるのです。

 

「毛穴トラブル」=「汚い」とお思いの方も多いと思います。
しかし汚いから洗顔をしっかりするというのがもうすでに毛穴ケアの勘違いです。
毛穴トラブルに悩んでいる人はまず自分の毛穴ケアの方法を見直して見てください。
いつも続けている毛穴ケアがあなたの毛穴の状態を悪化させている可能性がありますから。
是非この記事を参考に見直して見てくださいね!

 

私も毛穴トラブル=汚いと思ってゴシゴシと洗顔をしてしまいました。
しかしこの毛穴用美容液を使ってしっかりとした毛穴ケアをしたらたった14日間でツルツル毛穴に!!

私がたった14日間でつるつる毛穴になった美容液『ソワン』はこちら!!