この記事では、いちご鼻とテカリに悩む方におススメの食事について紹介しています。

いちご鼻は許さない

こんにちは。毛穴アドバイザーの涼子です。

この時期は特に、お肌のテカりが気になりますよね。

汗の量も増えますし、それに比例して皮脂の分泌量も増え、顔がテカテカ・・・。

そんな時に紫外線対策をしても、洗顔をしても全然テカりが収まらない時がありますよね。

そんな時は体の内側からいちご鼻とテカりをケアをしてあげましょう!

今すぐできるテカりを防ぐ内側ケア

内側ケアと言えば、もちろん食事!

遺伝や季節的な要因はコントロールすることが出来ませんが、食事内容をしっかりと見直してあげる事で皮脂コントロールは出来ちゃいます。

基本的ないちご鼻ケアと併用して行う事で効果は倍増です。

ですので、食事内容を一緒に見直していきましょう。

いちご鼻には食事が大事

食事のポイントはビタミンB群

食事する時に絶対に摂取してほしいのがビタミンB群。

ビタミンB群は皮脂のコントロールをするのに欠かせませんし、揚げ物や糖質の分解にも必要な栄養素です。

 

いちご鼻には栄養素が大切

ビタミンB群には上記のように仲間が沢山いるのですが・・・。

今回、オススメしたいのはビタミンB1とビタミンB2の2つです。

ビタミンB1

ビタミンB1は皮脂分泌をコントロールして、糖質を分解する役割があります。

疲労回復にも効果的なので、この時期の夏バテ対策にもぴったりです!

ビタミンB1を含む食材はこちら↓

うなぎ

豚肉

たらこ

落花生

玄米

昆布

枝豆

ひらため

グリーンピース

などなど、沢山あります。

ビタミンB2

続いてビタミンB2。

ビタミンB2は皮脂分泌を抑制する役割があります。

コラーゲンの生成もサポートしてくれるため、お肌のハリや潤いを保つ事も出来ます。

ビタミンB2を含む食材はこちら↓

牛レバー

豚レバー

鶏レバー

牛乳

塩サバ

納豆

うなぎ

しめじ

アボカド

 

などなど、もっと沢山ありますがこのくらいで。

また、ビタミンB6にも皮脂の分泌を抑制してくれる役割があるのでオススメです。

ビタミンB6が含まれている食材は「レバー」「納豆」などビタミンB2と同じものがあります。

ですので、豚レバーなどはビタミン群が沢山摂れますので本当にオススメですよ。

images

是非、レバーが苦手でない方は摂取をオススメします。

良かったら、いちご鼻をケアするメニューを今日の夕食の参考にしてくださいね^^