この記事は、いちご鼻のような毛穴に実感出来る「HPS入浴法」についてお話ししています。

いちご鼻

こんにちは。

毛穴ケアアドバイザーの涼子です

毛穴の状態は良い方向へお進みでしょうか?
毛穴の乾燥や乾燥が原因のいちご鼻(頬)に、まだ悩まれておりませんか?

もっと実感いただけるように
美肌になるための方法をご紹介させてくださいね
体の傷などを修復する働きのある、
HSP(ヒートショックプロテイン)
という存在をご存知でしょうか?

HSPとは何か?

いちご鼻

体の約70~80%は水分といわれていますが、
残りのの約20%はたんぱく質でできています。
日ごろのストレスや、病気によってこのたんぱく質が
傷ついてしまうと、体調が悪くなってきてしまいます
そして、この傷ついてしまったたんぱく質を
元気な細胞に戻してくれるのが、HSPなのです
HSPはもともと体内に存在しているものですが、
年齢を重ねるごとに減少しています。
例えば、昔はケガをしても1~2日で傷がなくなっていたのに、
歳をとってから、お肌の傷跡がずっと残っているなあ…
と思ったことはありませんか?
この傷を修復するためには、沢山のHSPが必要になってきます。
沢山のHSPがあることによって、治癒力が高まって
病気を未然に防いだりと健康な体になります。
たとえば、加圧などかけるなど体に少しストレスを
与えてやると、HSPは増えます。

「う~んでもどうしたらいいんだろう?なんだか難しそう…」
思われるかもしれません。

誰にでもできて、最もよい方法が体を温める方法なのです♪

体を温める方法といえば、お風呂ですよね。

温かいお風呂により、代謝があがるので脂肪燃焼効果もあり、
汗をかくことで老廃物が排出され、美肌を実感できます。
さらには、メラニンの生成を抑えてメラニンによるいちご鼻になるのを防いだり
お肌に大切なコラーゲンの減少も、抑える働きがあります。
紫外線による細胞へのダメージ(いちご鼻のような毛穴の悩み)も
抑える働きなどお肌にいいことづくしなのです♪
さらに、効果的にHSPを増やすために考えられた
「HSP入浴法」というものまであります。
今回はこのHSP入浴法をご紹介させていただきますね

 

いちご鼻

HSP入浴法のやり方

HSP入浴法を始める前に、体温を数回測って自分の平熱を確認します

入浴前に十分な水分補給を行います。
40度~42度の浴槽に10~20分つかり、体温が38度以上になるよう温めます

入浴中のお湯の温度が下がらないよう、お風呂のふたで首まで覆うようにしてくださいね
この時の体温は38℃が理想的です。
のぼせてしまわないように、途中で湯船からでて休んでもかまいません
ただし、体温を下げないように気を付けてくださいね

入浴後はバスタオルなどで熱を逃さないように、
上がった体温を10~20分間保温します
保温後はゆっくりと体温を戻してくださいね
この後は、水分補給もしっかり行いましょう

体が温まると、鎮痛などの作用のある物質のエンドルフィンが出て、
疲れを感じる物質の乳酸の産生が遅れるため、
疲れや痛みなどを和らげてくれるます

入浴でリラックスして、体をストレスから
開放してあげてさせてあげましょう
お風呂から上がったら、よりいちご鼻のような黒ずみのない
美肌を感じて頂く為に
すぐに、1分秒でも惜しむほどすぐに
基礎化粧品で保水と保湿は忘れずに行って
ください
HSPが沢山放出されるのは、入浴から約2日後ですので、
こちらの入浴を週2回ほど行ってください。
体が慣れてきてしまったと感じた時は、
この入浴法を1~2週間ほど休みましょう