流行っている○○水には訳があった!


この記事では、いちご鼻ケアにおススメの「水素水」についてご紹介しています。

こんにちは

毛穴アドバイザーの涼子です。

いちご鼻に悩んでいると、女優さんやモデルさん等、自分が憧れている方がオススメの美容法についてお話しているのを耳にしてそれを真似して少しでも近づきたいと思って試したことはありませんか?

私も試した事がありますが、女優さん達は、きれいなお肌だから効果が出るのね…と自分のお肌に悲しくなることも何度もありました。

そんな中、毛穴悩みを持っていた私にもきちんと実感出来たものがあったので、お話させてくださいね。

 毛穴ケアができる○○水の正体は?

○○水の正体は…「水素水」です!

%e6%b0%b4-fw

 

最近は、お肌や健康に気を使う人は取り入れている人が多いと思いますが、そもそも水素水って何故そこまで「良い」とされているのか知っていますか?

私たちの身体で、様々な病気や現象を起こす要因として「活性酸素」というものがあります。

この活性酸素の一つである《悪玉活性酸素》は、体内で酸化作用を起こす事でしみ・しわなどのいわゆる老化現象を引き起こす原因を作っているのです。

本来なら、この悪玉活性酸素と戦える≪抗酸化作用≫が働いてお肌を健やかに保ってくれるのですが、30歳を過ぎると、この大切な働きをする酵素を作る能力が衰えてitいちご鼻が目立つようになっていくんです。

それだけでなく、最近の生活はストレスや加工食品、環境汚染などにより、活性酸素が発生しやすい状態になっていて、若い方でも酵素を作るのが間に合わず「抗酸化作用不足」という状態になっています…

そのため、積極的に《抗酸化作用をを持っているもの》を取り入れてあげる事で、お肌の老化を防止してあげる事が大切という事になるわけです!

今までもβカロチン、ポリフェノール、ビタミンC、カテキンなどの抗酸化作用のあるものを化粧水や食生活の中で取り入れてきたのですが、水素水はこれまで分解してしまっていた≪善玉活性酸素≫を残して≪悪玉活性酸素≫のみに働く事で、注目されているんです!

皮脂等もそうですが、悪い影響を引き起こすからと言ってすべて取り除くのはNGです。

すべては「バランス」が大切なんですよね。

それでは、そんな水素水が毛穴にどんな事をしてくれるのかお話しますね♪

水素水が得意な毛穴って何?

水素水は黒ずみ毛穴・開き毛穴・たるみ毛穴に対応できる子です。

%e6%af%9b%e7%a9%b4%e7%a8%ae%e9%a1%9e-fw

この黒ずみ毛穴とは、年齢関係なく悩みの多い鼻に出来る「いちご鼻」目立ってしまう「頬の黒ずみ」の事です。

これは角栓の酸化による黒ずみなので、抗酸化作用でケアするのが一番効果的な方法です。
なぜなら、黒ずみは角栓を放置する事で皮脂が酸化して変色した結果だから!

酸化した角栓の皮脂は過酸化脂質となり、皮膚を刺激するので活性酸素が発生して、毛穴周辺の皮膚までシミのように黒ずんで毛穴が開く事になり、いちご鼻や頬の黒ずみとなってしまうという事です…

つまり、その酸化物である黒ずみを、抗酸化作用によって取り除いてあげることができるので、その代表ともいえる水素水は、角栓黒ずみ毛穴にはもってこいなのです。

また、皮脂の過剰分泌による毛穴の開きは、皮脂が過剰に分泌してしまう要因の1つである、紫外線やホルモンバラスの偏りからくるストレスによって活性酸素が発生してしまうので、それに対抗できる抗酸化作用の持つ水素水がホルモンバランスを良好に保ってくれるため、開きの改善に繋がります。

もし、この開きを放置してしまうと、いちご鼻や頬の黒ずみになる可能性も出てきてしまうので、早めにしっかりとしたケアをする必要があります。

そして、コラーゲン・エラスチン不足による、たるみ毛穴は、肌内部でハリや弾力を作っているコラーゲンやエラスチンを活性酸素が攻撃する事で、物質自体が変わってしまい、たるみを引き起こすので、水素水による抗酸化作用が直接働きかける事でたるみ毛穴にも効果を感じる事が出来るのです!

まさか水素水で、毛穴別にみてもケアが出来るなんて凄いですよね!

ただ健康にしてくれる水だと侮るなかれ。

実は、本当に美容水だったんです!

水素水にあまり興味がなかった方も、まずは飲むことからやってみるのも良いと思います♪

普通のお水とは違う事がわかると思いますよ。

%e6%b0%b4%e3%82%92%e9%a3%b2%e3%82%80%e5%a5%b3%e6%80%a7-fw

私も行っている、水素水を効率よくお肌に取りいれていく方法については、他の記事でお話しますので、そちらも要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です