なんだか気になる開き毛穴、顔のムズムズ・・・もしかしたら花粉かも?

いちご鼻と開き毛穴が気になる

この記事では、秋に開き毛穴が目立つ方に向けて注意が必要な、毛穴の花粉対策についてご紹介しています。

こんにちは毛穴アドバイザーの涼子です。

日中過ごしやすくなってきて、朝晩は肌寒いと感じることも多くなってきましたね。

この時期は夏疲れと一緒に秋特有の開き毛穴トラブルも抱え込んでしまいがちですので、より一層開き毛穴のケアが大切です。

ところで、あなたは「花粉」というと春だけというイメージを持っていませんか?

実は秋も、花粉の量がとっても多い時期なんです。

その花粉が原因で、顏に違和感を感じたり、鼻を頻繁に触ったり、目をこすったりしてしまうことで、毛穴に摩擦が生じてしまい、乾燥肌になってしまうことがあります。

さらに、夏程ではありませんが、紫外線もまだまだ降り注いでいますので、毛穴の負担がかかり、開き毛穴が目立ちやすい時期なのです。

つまり、秋は肌のバリア機能が著しく低下しやすいシーズンでもあるということが出来ます。

この時期、顏がムズムズする、保湿してもすぐに粉っぽくなるような気がする、開き毛穴が気になる・・・など感じたら、それはもしかしたら秋の花粉のせいかもしれません。

開き毛穴を刺激する秋の植物たち

秋に開き毛穴に影響を与える主な植物としてこれらがあげられます。一つ目はブタクサです。

名称未設定-1.fw

日本じゅうの道端や野原、畑などに生えているので、春の杉花粉と同じくらいメジャーな花粉源とも言えます。

毎日見かける、という人も少なくないのではないでしょうか?二つ目はヨモギです。

ヨモギ.fw

北海道や東北意外の地域に生えている、こちらもキク科の植物です。

少し山奥に入ったところや、緑が多いエリアでは見かけることが多いかもしれません。

三つめはカナムグラです。

くさ.fw

こちらも日本じゅうに多く生えているクワ科の植物です。

繁殖力が強いため、主に荒地や山奥でよく見かけることがあります。

秋の花粉は春に比べて注目されずらいので、肌がカサカサしたり、目がショボショボしても「風邪かな?」と思ってしまいがちなのですが、

もし

「外に出たら毛穴がムズムズする」

「急に顔が乾くかんじがする」

「開き毛穴が気になる」

と思ったら、秋の花粉を疑ってみてもいいかもしれません。

開き毛穴になりたくない!秋の花粉から毛穴を守るには?

5a207f92079ef46ce30ed0bf1c7c213f_fb57f7abdb253514b6df9b311ca5e77e

まず、一番簡単なのは、草が茂っているエリアには出来るだけ近寄らないことです。

とくに風が強い晴れた日は、花粉の飛散量も多くなりますので、注意が必要です。

前日が雨で、次の日が良く晴れていると花粉の量も多くなりますので、特に注意してくださいね。

それでも、家族とのレジャーやお仕事などで、野原に行くときはメガネやマスク、ストールなどで顔を露出しすぎないことが大切です。

とくにスカートは花粉を舞い上げてしまうことが多いので、出来るだけパンツスタイルがおススメです。

さらに、外出先から戻ったら、いつもよりも洗顔を丁寧にするようにしましょう。

さらに出来れば、帰宅後にすぐにシャワーを浴びて着替えてしまうことをおススメします。

服や体に花粉が残ったままですと、家の中でリラックスしている間に毛穴が刺激されて、ムズムズしだすことも多いですからね!

982051df09efa7381a134c296f132f48_s2-400x266

それでもいろいろ頑張ったけど、花粉で毛穴がムズムズする・・・という時には、ホットタオルケアで毛穴を優しく開いてからたっぷりと保湿してあげることをおススメします。

ホットタオルケアはこちらからどうぞ!

気候も良くてお出掛けしたくなるこの季節。

開き毛穴にならないために、ちょっと注意してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です