f50a5c6d954138

こんにちは~。
毛穴アドバイザーの涼子です。

 

あなたはいつもどんなクレンジング剤を使用していますか?

 

クレンジング剤にも種類が多く、どのクレンジング剤を選んだら毛穴の黒ずみが治るのかな~など考えた事ありませんか?

そこで今回はクレンジング剤について注目してみたいと思います。

images (2)

クレンジング剤の種類

まず先にクレンジングの種類をお話しますね。

クレンジングには

オイルタイプ,ジェルタイプ,クリームタイプ,ミルクタイプ,シートタイプ,ポイントメイク落とし

 

などがあると思います。

 

それぞれの特徴を簡単に説明しますと・・・

オイルタイプ

メリット・・・洗浄力が強く、濃いメイクでも簡単に落とせて、お風呂場でも使える。
デメリット・・・洗浄力が強いので必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になりやすい。
また界面活性剤が多く含まれているためお肌への刺激が強く、洗い残しが多く肌トラブルの原因になりやすい。

ジェルタイプ(水性と油性がある)

メリット・・・ジェル状なので肌への刺激が軽減出来、メイクに馴染ませやすい。
お風呂場で使っても洗浄力はほとんど変わらず、さっぱりとした洗い上がりになる。

 

デメリット・・・オイルフリーのモノだとマスカラなどを落としにくい。
水性タイプだと洗浄力が低くポイントメイク落としとの併用が必要になり、オイルタイプだと肌への刺激が強い。

クリームタイプ

メリット・・・お肌への刺激が少なく、メイクを落としながら保湿する事が出来、潤いを保ちながら洗顔が出来る。
デメリット・・・オイルタイプよりも洗浄力が弱く、洗い上がりにベタツキ感がある。
しっかりと落とさないと油分がお肌に残ってしまい、クレンジングに時間がかかる。

 

ミルクタイプ

メリット・・・お肌に馴染みやすく、クレンジングとして使いやすい。
お肌への刺激が少なく、クレンジングしながら保湿も出来るため、乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすい。
デメリット・・・クレンジング力が弱く、洗い上がりはクレンジング剤が残った感じがする。
洗浄力が弱いためクレンジングに時間がかかり、アイメイクなどには他の油分が多いクレンジング剤を使う必要がある。

シートタイプ

メリット・・・水を使わずにメイクを落とすことが出来、手軽に使える。
デメリット・・・シートの摩擦でお肌に与える負担が強く、アルコール成分も多いため刺激が強い。
シートを使った後に何もしないとクレンジング成分がお肌に残り、こすりすぎてしまうと色素沈着の原因になる。

 

私がオススメしたいクレンジング剤

sengan_women2

上記でそれぞれのクレンジング剤の特徴が分かったと思いますが、私がおススメしたいクレンジング剤は・・・・。

 

クリームタイプ、ミルクタイプのものになります。

ダウンロード (4)

何故なら、毛穴の黒ずみ、開き、角栓などで目立つ方はお肌が乾燥してしまっている方が多いからです。

 

乾燥しているお肌はちょっとの刺激でも大ダメージとなってしまいますので、お肌に優しいもので洗って頂く必要があります。

 

お肌に優しい分、洗浄力も低いのでアイメイクや口元のメイク部分はポイントメイクリムーバー落としを使用して落とすようにしましょう。

 

しかし、ウォータープルーフのファンデ―ションなどを使用している場合はあまり落とせない可能性があります。

 

ですので、その場合はクレンジングオイルを使用しても構わないのですが、お肌にかける負担を減らすように使用してください。

 

クレンジングオイルをお肌に載せる時間は出来るだけ短く、強くこすらないようにする

 

を、徹底して行ってくださいね。