この記事は、開き毛穴さんを始めとする毛穴悩みを持っている方に向けた、お肌に悪い成分についてお話をしています。
kakusen

こんにちは、
毛穴アドバイザーの涼子です。

あなたは普段、お使いの化粧水やクリームなどの
スキンケア用品の成分を確認したことはありますか?

乾燥による開き毛穴さんは、
ヒアルロン酸、セラミドなど

保湿力が高い!など、
お肌に良いと言われている成分は確認すると思いますが、
逆にお肌に良くないとされている成分について
調べたことがありますか?

ただし、成分表には難しい成分の名前が
色々書かれてているのでどれが良いかわからない
なんて声もあると思います。

そこで今回は安息香酸Naに注目して
お話ししてみようと思います。

安息香酸Naって一体なんなの?

安息香酸Naは石油由来の合成の防腐剤として
色々な化粧品に配合されています。

他にも抗菌効果や
他成分(サルチル酸等)と組み合わせる事で
角質軟化作用があるとされています。

しかし、添加物の中でも
特に危険度が高い成分として分類されているのです。

何故なら、国が危険だと指定していた
旧指定成分の1つでもあるからです。

何故、指定されているかと言うと、
安息香酸NaはビタミンCと化学反応をする事で
ベンゼンという発がん性物質に変わります。

そのため、大量摂取(口から)すると
死に至る可能性が高いとされているのです。

 

安息香酸Naが開き毛穴さんに与えるダメージ

くまを気にする女性

今は安息香酸Naを使用しても
良い量が決められていますし、
化粧品などに配合されている量もそこまで多くないため、
心配もないとされていますが、
やはり危険物質は危険物質です。

アトピーなどお肌が弱い方や、
乾燥によって開き毛穴になっている方が安息香酸Naを使用すると

かぶれたり、湿疹を引き起こす可能性が高いのです。

また、石油由来の合成の安息香酸Naは
分子量が小さく、簡単に皮膚から吸収してしまいます。
普通の毛穴の大きさでも吸収しやすいのに、
開き毛穴さんの場合は、より一層吸収しやすい状態になっていると言うわけです。
つまり、開き毛穴さんは特に気を付けなければなりません。

吸収された成分はどうなるかというと、
解毒器官(肝臓など)を通ることが少なく、

1週間程度はほぼ体内に残ってしまうと言われています。

スキンケア用品は毎日使うものですので、
毎日使用していればその分、体の中に留まる時間も長くなり、
お肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

お肌に良い成分ばかりを調べがちですが、
実はお肌に悪い成分も配合されているものが多いので
是非、一度、開き毛穴さんを始めとする毛穴悩みを持っていらっしゃる方は
ご自身がお使いのスキンケア用品の
成分などを確認してみる事をオススメしますよ。