この記事では、お風呂で出来るいちご鼻ケアについてご紹介しています。

こんにちは。

毛穴ケアアドバイザーの涼子です

毎日の気温が30度を超えることが珍しくなくなってきた今日この頃ですが、あなたのお肌の調子はいかがでしょう。

ところで、あなたは夜のクレンジング&洗顔をどのタイミングで行っていますか?

お風呂に入る前?

お風呂に入ってすぐ?

髪と体を洗ってから?

入浴中のスキンケアは、一体どのタイミングで行うのがベストなのか?

今日はお話ししちゃいます。

入浴中のクレンジングはいつするのがいちご鼻にとってベスト?

お風呂でメイクを落とすベストなタイミングは、「髪と体を洗った後」です。

お風呂に入ってすぐにクレンジングと洗顔を始める方は多いのではないでしょうか?

ですが、実はこれは毛穴にNGなんです。

毛穴がしっかり開いてメイクがお肌から浮いていない状態でメイクを落とし始めると、

なかなか落ちないメイクを落とすべく、必然的にクレンジングする手に力が入ってしまいます。

いちご鼻になりたくない!

お風呂の最後にすると、いちご鼻にはこんなにいいことがあった!

毛穴ケアの大敵「ゴシゴシ洗顔」を防ぐためには、

「メイクが落ちやすいよう、しっかり浮かせてあげること」

がとっても大切です。

メイクや古い皮脂が皮膚を離れ自然に溶けだす温度は30度前後だと言われています。

体温よりも少し低い温度ですすぐことで、理想的な温度で皮脂を洗い流すことが出来るのです。

また、お風呂の最後に行なうことで、入浴後の保湿作業に取りすぐ掛かることが出来るのも魅力的です。

このため、クレンジング&洗顔をお風呂で行う場合は、髪と体を洗ってから行なうようにしましょう。

改善案バナー (2)

シャンプーの時に気を付けるポイント

いちご鼻 開き毛穴許さない!

毛穴ケアのためには、ヘアケア時にも注意が必要です。

それは「シャンプーやトリートメントを顔に付けない」ということです。

シャンプーやトリートメントなどのヘアケア剤には、お肌にとって刺激となる「界面活性剤」が使われている場合が多いのです。

この「界面活性剤」、シャンプーを泡立てたり、洗い上がりの爽快感を与えてくれるものなのですが、皮脂を落とす力や洗浄力が強いため、顔にそのままかぶるとかなりの刺激となってしまいます。

そのため、これらが顔につかないように上を向いてヘアケアをするのがポイントです。

上を向きながら洗顔することで、頭皮も自然と引っ張られ、たるみの解消・老化防止にも繋がります。

正しいステップで、お風呂に入りながらいちご鼻をなくそう♪

いちご鼻

髪→体→顔の順番で洗うことにより、お肌に刺激を与えることなくスキンケアを行うことが出来ます。

特にクレンジングをつけてから湯船に浸かることにより、浮いてきたメイクを殆ど力を加えることなく優しく落とすことが出来ます。

ただし、クレンジング剤がついた状態で「落としながらマッサージ」をしてしまうと、お顔に汚れや古い皮脂をさらに塗り込んでしまうことになりますので、注意してくださいね。

また、体を洗う用のシャワーをそのままお顔に浴びるのもNGです。

体を洗う用のお湯は、洗顔には強すぎる場合が多く、お肌に必要な水分や皮脂を洗い流してしまう危険があります。

毛穴にトラブルがある状態では、とにかく刺激を与えず優しくクレンジングと洗顔をすることが大切です。

帰宅後、簡単にシャワーで済ませたくなるこの季節、お時間がある時は是非、湯船でゆっくりいちご鼻ケアをしてみて下さいね♪