こんにちは佐藤まあやです

本日東京の最高気温は30度
梅雨前にも関わらず
いっきに夏日になりましたね~

 

 

今日は久々に
アイスを食べてしまいました

夏が近づき暑くなってくると
ぱっくり毛穴や黒ずみ、角栓などが
一層目立ちやすくなる気がしませんか

私、以前は夏場は1日に何回
毛穴を気にして化粧直しするか・・・
回数が多すぎて
数えられませんでした

なぜ毛穴のトラブルが
夏場に増えてくるのでしょうか

皮脂や汗などでべたつき、
メイク崩れなどただでさえ
お肌のコンディションが最悪ですよね
夏場の毛穴の状態と
それをケアする方法を解説します。

 

 

【夏に毛穴トラブルが起こる原因】

☆高温多湿な気候のせい☆

夏は1年で最も湿度と温度が高くなる季節です。
汗や皮脂が多く分泌される気候状態となり、
皮脂腺が活発に働きます。
分泌する量が増えるということは、
それだけ毛穴が開いている状態も長くなると考えられます。
夏特有の蒸し暑さが
毛穴を目立たせる大きな要因になっているようですね。

☆皮脂分泌が多く角栓ができやすい☆

皮脂腺の活発な働きで大量の皮脂が分泌されると、
それが古い角質と混ざって毛穴に詰まりやすくなると思われます。
これが“角栓”と呼ばれる毛穴トラブルの一つですね。

鼻の頭の角栓なんかは特に目立ちますし
人と会話するのも
毛穴を気にして
怖くなってきますよね
☆角栓の酸化・紫外線による黒ずみ☆

角栓が発生しやすいと考えられる夏場ですが
そのまま放置しておくともっと厄介な
“角栓の黒ずみ”に繋がってしまいます。

角栓が原因で黒ずみ毛穴に繋がるだけでなく
紫外線の強い夏、
紫外線が原因で
「メラニン毛穴」タイプの
黒ずみ毛穴にもなりかねません
☆冷房による乾燥も毛穴に悪影響☆

毛穴トラブルを引き起こすのは
夏の暑さや湿度の高さだけではありません。
温度や湿度を下げるための冷房の風も、
直接当たりすぎると毛穴にとっては悪影響です。
冷房が効き過ぎた部屋に長時間いると、
肌が乾燥しやすくなりたるみやシワができやすくなります。
その影響で毛穴が伸びる“たるみ毛穴”を引き起こしやすく
毛穴の目立ちを助長させてしまいます

 

 

こんなに毛穴トラブルを招いてしまう季節なんて・・・
いやーーーー
と叫びたくなりますが・・・
しっかりケア・対策をして
うまく夏を乗り切りましょう

 

【夏場に合ったスキンケアを・・・】

☆しっかりクレンジング☆

メイク下地を塗る前に日焼け止め・・・
休みの日は日焼け止めだけ・・・など
お顔に日焼け止めを塗る機会が
多くなる夏ですが
専用のクレンジングで落とし
落とし残しがないようにしましょう
ウォータープルーフの日焼け止めなどは
落ちにくいので要注意です

また、化粧直しの回数が増え、
つい厚塗りになってしまいがちなメイク・・・。
洗顔は丁寧に行いましょう

 


☆夏でも保湿ケア☆

夏場は皮脂も多いし乾燥も気にならないし
保湿しなくても大丈夫かな!と思いがちですが、
保湿をしっかりすることにより
無駄な皮脂分泌をせずに済みます。
冷房の効いた場所に長くいるならなおさら
保湿は重要になってきます!
洗顔後に化粧水→乳液・クリームなどで
しっかり保湿してくださいね
毛穴にとってはとても厳しい季節ですが
夏場に合ったスキンケアを心がけましょう

 

ちなみに、私こと佐藤まあやのLINE@はこちらです。

 

 

毛穴ケアに役立つ情報発信の他に、

1:1トークでのお悩み相談も行っていますので、

ぜひご登録下さいな♪