この記事は、いちご鼻さんの喫煙者さんには特に見てほしい
IMG_5492

毛穴ケアやスキンケアをしていく中で、よく聞くのが「たばこ」はやめてください!ということ
なぜたばこが毛穴ケアやスキンケアにダメなのか?
どういう影響があるのか?を今日はお話ししていきたいと思います。

 

たばこを吸い続けるとたばこ顔になる!?

たばこ顔とはどのようなものでしょうか?
女性の方は特に注意が必要になるこのたばこ顔には色々な特徴があります。

 

たばこ顔の特徴はなんと言っても顔の色ではないでしょうか。
たばこの影響でしわやくすみなどが失われ、美容とはまったく逆の効果になってしまいます。

 

たばこ顔とは、通常スモーカーフェイスと呼ばれ、ここ数十年で生まれた造語です。

 

たばこは毛穴ケアに与える悪影響とは?

3.27-2-thumb

たばこは老化推進剤とも言われていて、非喫煙者よりも5年以上もしくは10年以上早く老化が進んでいくとも言われています。
なぜなら、喫煙をすることで血管は収縮し、一酸化酸素による影響で、肌細胞に必要な分の酸素が行き届かなくなり、それが原因で肌の新陳代謝は低下し、肌に必要なうるおいやハリ、また透明感が低下しまうのです。

 

さらにお肌に必要不可欠なビタミンCまで破壊されてしまいます。
なんとばこを1本吸うと25gのビタミンCが破壊されて、たばこを4本吸ってしまえば、それだけで一日分のビタミンCは全て破壊されてしまうということになります。

 

それが続けば、結果として、血行の悪い顔色にして悪い意味で老けた顔立ち顔色に見えてしまうのです。
これがたばこ顔になってしまう原因なんです。

 

またたばこ顔になってしまうと肌の張りが無くなり、顔全体にシミやシワやくすみなどが目立つこと、また鼻横の毛穴も開いていて、写真や間近で見てもすぐにわかってしまいます。

 

眼の下には不自然なくまが出来て、顔の色素は沈着し目尻にも小さなシワが出てきて、その小さなシワがより老けた顔に見えてしまいます。

 

肌は黄ばみ、唇は黒く見え、第三者が見ればとても不健康な顔に見えてしまいます。

 

これらを喫煙者に特有の顔としてたばこ顔、と言われていますが、実は肌や毛穴に悪影響なだけではなく髪の毛にも白髪や抜け毛が増え、髪のツヤもなくなるのです。

 

更に、声にも影響が出ます。
たばこは吸わずとも声は加齢するとともに低くなる傾向はありますが、喫煙の影響でハスキーとはまた違った、ガラガラとした声やダミ声になってしまいます。
つまり、顔全体はもちろんのこと、声も全て悪い意味で歳を取った感じに見えてしまうことです。

 

毛穴に悪影響を与えるたばこ顔の改善方法とは?

まず手っ取り早いのが、「禁煙」をすることです。
いつまでも喫煙を続けてますと、毛細血管が収縮して酸素が欠乏し、血液の循環が悪くなってしまいます。

 

それも喫煙を長く続ければ続けるほど、顔も今よりも更に老化が進んでしまいます。
というのも、喫煙することで活性酸素が増加し、肌荒れを起こしたり顔のシミや、シワなどといった深刻な老化の原因となってしまいます。

 

せっかく毛穴ケアやスキンケアで取り入れたビタミンCは無駄に消費されてしまうのです。

 

そもそも肌にとってビタミンCというものは、肌のコラーゲンを生成する際に消費されますが、喫煙することによりせっかくの大事なビタミンCをたばこによる大量の活性酸素除去のために消費してしまい、顔はもちろん肌の衰えが早く進んでしまうのです。

 

またビタミンCというのは、風邪やストレスといった私達の体を身を守る際にも使用されるある種の抵抗力なのですが、たばこで消費されることで抵抗力が削がれてしまうのです。

 

なのでお肌に欠かせない栄養素であり抵抗力とも言えるビタミンC。
これがたばこによって破壊されてしまっては、肌荒れどころか抵抗力すらも激減してしまうのです。
ここまで悪影響でしかないたばこですが、なかなかやめられないという方が多いと思います。

 

禁煙は吸った分だけ副作用ともいえる禁断症状がのしかかってきます。

 

まずはその禁断症状を乗り越えることが第一歩とも言えます。

 

禁断症状をクリアし2ヶ月~3カ月すると、徐々に肌に張りが出てくるようになるので、変化が分かった時にさらに禁煙に対する意識が変わるかと思います。

 

なのでまずは2ヶ月~3カ月だけでも禁煙する意識でやってみてください。

 

毛穴トラブルに悩んでいて、更に喫煙者の方は是非検討してみてくださいね!