この記事では、夏に開き毛穴が目立つ理由についてお話しています。

こんにちは、毛穴アドバイザーの涼子です。

毎日、暑い日が続いていますが体調は崩されていませんか?

夏は熱中症や日射病などにも注意が必要ですが、毛穴のトラブルも悪化しやすい季節になっております。

では、なぜ、夏になると毛穴トラブルが悪化しやすいのか?について解説させて頂きますね。

夏になると開き毛穴トラブルが悪化する~皮脂~

夏になると皮脂の分泌量が冬に比べ、倍以上になる人が多いです。

その原因は・・・・

1.汗と一緒に皮脂の分泌も盛んになる

開き毛穴は辛い

汗をかくと共に一緒に皮脂も分泌されます。

汗は蒸発しますが、過剰に分泌された皮脂はそのまま肌に残ってしまいます。

そして、汗が蒸発する時に肌の水分も一緒に奪ってしまいますので、乾燥しやすくなり、余計に皮脂の分泌量が増えてしまいます。

2.冷房による乾燥でインナードライ肌が悪化する

開き毛穴と冷房

 

夏場は冷房を使う方が多いですよね。

自宅でも会社でも電車の中でも冷房がガンガンと効いているところが多いです。

そして、冷房は空気を乾燥させます。

冷房は空気を冷やすと共に空気中の湿度も下げる役割があります。

私たちのお肌は湿度ではなく、空気中の水分量によって蒸発する水分量が変わりますので、お肌から水分が蒸発し、乾燥しやすくなってしまいます。

また、皮脂の分泌量が増える以外にも紫外線の影響が関係してきます。

夏は開き毛穴が気になる季節

夏になると毛穴トラブルが悪化する~紫外線~

夏は紫外線の量が多いです。

冬と比べると2倍ともいわれ、日照時間も関係してきます。

そして、ご存じかもしれませんが、紫外線にはUVAとUVBの種類があります。

(本当はもう1つありますが、関係ないので割愛します。)

UVAはお肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占めていて、蓄積的なダメージを与えます。

肌の奥にある真皮まで侵入し、お肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になります。

また、毛穴の黒ずみで悩んでいる方のように、すでにあるメラニン色素を酸化させて、黒く見えさせる作用があります。

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないですが、その分、UVAより力が強いです。

ですから、短時間でも肌が赤くなってしまったり、数日後には肌が黒くなる(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。

また、炎症などの原因以外にも、お肌表面の表皮細胞やDNAを傷付けるなど、生体への影響がとても強いです。

開き毛穴が気になる

 

そのため、夏は開き毛穴トラブルで悩まれる方が冬の時期に比べて多くなります。

夏が近い!夏に欠かせないエアコン使用は毛穴に危機が!でも、エアコン使用時に気を付けてほしい事などを書いていますので、是非参考にしてくださいね。