この記事は、開き毛穴さんに向けた洗顔ブラシの使い方を紹介しています。

開き毛穴と洗顔ブラシの相性は?開き毛穴と洗顔ブラシの相性は?

話題の洗顔ブラシをご存知ですか?
最近ではお馴染みになった”電動洗顔ブラシ”は基本的な形や仕組みに大差ありません。
正しく使用する事で効果を発揮することがありますが、使い方を間違えると開き毛穴トラブルが悪化することもあるのです。
そこで今回は洗顔ブラシのオススメの理由ややり方、そしてデメリットをご紹介していきます。

開き毛穴さんが洗顔ブラシを使うメリット・デメリット

大きな魅力は手で洗うだけでは落ちなかった汚れも落とせるということです。
毛穴トラブルで悩んでいる人の中には洗顔で顔の汚れを落としきれていない方も多くいます。
洗顔不足が原因で開き毛穴トラブルがある方は、洗顔ブラシを使うことによって今までよりも肌を綺麗に保つことができるでしょう。

毛穴の汚れも取り除くことができるため、開き毛穴が目立たなくなります。
時間にして1分以上は使わないようにしましょう。
感触が面白くてつい長々と使ってしまう方もいるようですが、使いすぎを避けるために一定時間が経過した後は自動停止するタイプのものを選ぶのも良いでしょう。

一方、デメリットとしては慣れるまでは痛みを感じてしまうことがあります。
その理由として、手で洗うよりも刺激が大きいということが言えるでしょう。
洗顔ブラシというのは使い方次第ではとても良いものではありますが、誤った使い方をすると肌に大きな負担を与えてしまいます。

また洗顔ブラシを使うことでどうしても力が入ってしまい、敏感になっているお肌にさらに刺激を与えてしまう可能性が高いです。

なので私は開き毛穴に悩んでいる方には洗顔ブラシをおススメしていません。
しっかりと正しい洗顔方法で自分の手で洗うことで開き毛穴の奥の汚れまで取る事が出来ますので^^

洗顔ブラシの正しい使い方

おススメはしていませんが(笑)
洗顔ブラシの正しい使い方をご紹介しますね^^
洗顔ブラシによって多少使い方が違いますが、ほとんどの商品は先にぬるま湯で顔を素洗いします。
メイクをしている方は先にクレンジング剤で落としておきます。

そのあとに洗顔料を顔に乗せるのですが、先に泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てたものを乗せた方が肌への刺激を抑えることができます。

ただ、スクラブタイプの洗顔料など中には泡立たないものもあるので、そういったものは直接肌につけるように書かれている商品も多いようです。

スクラブ洗顔で洗顔ブラシを使うことは絶対やめてくださいね!

洗顔ブラシの刺激とスクラブ洗顔の刺激のW刺激で開き
毛穴になってしまった部分を傷つけてしまう可能性が高くなります。
特に長年開き毛穴等のトラブルに悩んでいる方は気を付けてくださいね!
その後、優しくブラシをあてていきましょう。
基本中の基本ともいえるのが、ブラシを肌に押し付けないということです。
軽く添えるだけでも十分汚れは落ちるので、必要以上に肌に刺激を与えないようにしましょう。

1ヶ所につき20秒以内に終わらせるように心がけることが重要です。
その後は普通の洗顔と同じく十分にすすいだらタオルではなくティッシュなどで軽く水分を取るようにしましょう!

自分に洗顔ブラシが向いているか悩んだら、、、

開き毛穴をチェック開き毛穴をチェックしてみて!

手を使った洗顔が苦手な方は洗顔ブラシも視野に入れてもいいかなと思います。
しかしさっきご紹介したデメリットも頭に入れてほしいと思います。

また洗顔料用の泡立てネットなども販売されていますが、こういったものを使っても、うまく泡立てられないという方も洗顔ブラシであればきめの細かい泡を作ることができるかと思います。

しかし注意しなければならないのは敏感肌の方です。
洗顔ブラシの刺激が肌にとって負担になってしまうこともあるので、できるだけ優しく使うか短い使用時間から試してみた方がいいでしょう。

開き毛穴等の毛穴トラブルで悩んでいる方は、長年毛穴にダメージを受けていて、お肌が敏感になっていることが多いので、私は正直おススメしません。
何故なら洗顔ブラシの刺激が毛穴にとって悪い刺激になってしまう可能性が高いからです。

また洗顔ブラシは力加減が難しいというのもあります。
本当にこれから先しっかりと正しい毛穴ケアをしたいのなら、自分の指でしっかりと正しい洗顔をしたほうが絶対にいいと思います^^

正しい洗顔方法については毛穴LABの記事にも書いているので是非ご覧になってみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いちご鼻の毛穴悩みに一番大事なのは毎日の洗顔

では、また毛穴ケアについてご紹介できたらと思いますので楽しみにしておいてくださいね!