この記事では、毛穴を10倍いじめるシャワーの浴び方についてご説明しています。

こんにちは!

毛穴LABのまあやです。

突然ですが、あなたはお風呂の中でどんなふうにお顔を洗っていますか?

朝の洗顔は、洗面所でしっかり丁寧に行っているけれど、夜の洗顔はお風呂でシャワーで一気に行っている…という人も多いのではないでしょうか?

確かに熱いシャワーを顔に浴びるとスッキリしますし、クレンジング剤や洗顔料も一気に落とせるのでとっても楽ですよね。

しかし、実はその洗顔方法を続けてしまうと、あなたの毛穴はどんどん開いてしまうかもしれません。

いちご鼻が心配
お風呂の洗顔が原因で毛穴が開く!?

シャワーの水圧が、顔の角質をビリビリに剥がしているかも…

まず、洗顔料が乗った肌は、洗顔料に含まれる汚れを浮かせて落とす働きによって、肌をバリアする角質が柔らかくふやけている状態です。

その状態のお肌にシャワーの強い水圧が加わると、通常であれば肌を保護してくれるはずの皮脂膜まで剥がれてしまうので、これを繰り返すうちに乾燥肌になりやすくなってしまいます。

乾燥肌になると、肌に水分をキープ出来にくくなってしまい、本来であれば肌の細胞同士を繋いでいる細胞間脂質という、肌細胞のセメントのような部分がまるでレンコンのようにスカスカになってしまうため、肌のハリがどんどん失われることで、次第に毛穴の開きが目立ちやすくなってしまうのです。

1ヶ月後には、立派ないちご鼻に???
1ヶ月後には、立派ないちご鼻に???

 

熱過ぎる温度が、顔の皮脂をゴッソリ取り去っている!?

開き毛穴といちご鼻に絶望
お肌を守るものが、剥がされて何もなくなっちゃう!?

あなたは普段お風呂で使うシャワーの温度は大体何度くらいに設定しているでしょうか?

多くの方は大体40度前後に設定している方が多いと思います。

しかし、洗顔に適しているといわれる温度は約30~32度ですので、体を洗う時の温度設定のまま洗顔をしてしまうと、顔に浴びるのには熱過ぎてしまい、肌を保護している皮脂膜を取り去りすぎて、乾燥肌を招く原因になってしまうのです。

このように乾燥肌になりやすい習慣を続けてしまうと、常に皮脂が過剰に分泌されるようになり、それが毛穴に詰まって角栓やいちご鼻の原因となったり、アクネ菌が繁殖してニキビの原因になってしまう恐れがあります。

さらにお肌の乾燥状態が長引くと、慢性的に肌内部の水分量が減ってしまい、最終的にはシワや顔全体のたるみの原因にもなってしまうので、シャワーで洗顔をすることはぜひ今日から辞めて頂くことをおススメ致します!

ちょっとしたひと手間で、毛穴はもっとキレイになる!

慣れるまではちょっと面倒だと感じるかもしれませんが、お風呂で洗顔をする時には、シャワーを止めて30~32度のぬるま湯で顔を洗うようにしましょう。

シャワーではなく手で洗顔を行うことで、洗顔料の泡の濯ぎ残しを防ぐことも出来ますし、現在の肌の状態を実際に手で触れて確認することが出来るため、毛穴の詰まり具合やニキビのトラブルにも
いち早く気づくことが出来ます。

洗顔は、自分の肌状態を自分の手で触れて確認出来る数少ないチャンスですので、ぜひシャワーではなく、手洗い洗顔を徹底して、自分の肌の変化をしっかりキャッチするようにしましょう!

洗顔は、毛穴の状態を知る大事な時間♪

毛穴LAB無料相談室始めました(*^▽^*)

毛穴のお悩み、お気軽に私に話してみませんか?

毎週金曜17時~18時に、お返事させて頂きますよ~!

keana-kizi