この記事では、冬にいちご鼻になってしまう意外な原因についてご紹介しています。

こんにちは~(*’ω’*)

毛穴LABのまあやです

気が付いたら12月!

毎年この時期になると乾燥で顔がピリピリして困っている私です!

いちご鼻が心配

乾燥するとその分、肌が自分を守るために皮脂を沢山出して、顔がテカって困りますよね

そしてその過剰に出た皮脂が毛穴に詰まっていちご鼻に・・・!

そんなの絶対嫌だから、この時期私は必ず乳液を持ち歩いています

外出先の保湿と言えば、ミストタイプの化粧水が主流ですが、私のおススメは何と言っても乳液です!

どんなにお肌が乾いてメイクが崩れてしまっても、乳液とティッシュさえあれば、保湿とメイク直しが同時に出来ちゃいますよ

一体どんな風に直しているんだろうって気になったら、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

開き毛穴の悲劇・・・毛穴落ちしたファンデを綺麗に直したい!

さてさて、あなたは冬のいちご鼻ケアというと、乾燥対策だけしていればOKと思っていませんか?

ところがどっこい、冬にあなたの鼻をいちご鼻にしてしまう原因は、実は「乾燥」だけではないんです!

ということで、今日は冬にジワジワとあなたのいちご鼻を苦しめる、意外な原因と対策についてご紹介したいと思います!

乾燥だけじゃない!いちご鼻を加速させる冬独特の原因とは!?

密にあなたの鼻をいちご鼻にしてしまう、冬独特の原因・・・それは「顔の血行不良」です!

当たり前ですが、冬は気温が下がりますよね?

私たちの体は寒くなると、血管を収縮させて自分の体に流れる血の量を減らし、体温が下がり過ぎるのを防ぐようになっています

こうして「寒い」と感じている状態が長く続くと、それだけ血管が収縮した状態が長く続くことになりますので、どうしても心臓から全身に送られる血液の流れが悪い、「血行不良」の状態が長く続くことになります

このように血行不良の状態が長く続くと、肌細胞への酸素や栄養の供給能力や、老廃物を外に出す力が低下してしまいますので、お肌の新陳代謝である「ターンオーバー」が上手くいかなくなってし

い、毛穴に詰まった皮脂や角栓、古い角質たちがうまく剥がれ落ちづらい状態になり、いちご鼻に非常になりやすくなってしまうのです
また、特に女性は男性に比べ血管が細い方が多く、気温の変化によって血行が悪くなる方がとっても多いのです!

ですので、気温の変化が激しいこの時期は特に、念入りに「血行促進」を意識して頂くことをおススメします!

いちご鼻にならないために!血行促進、何から始めたらいいの?

まずは何と言っても、体を冷やさないことが大切です!

モコモコ素材の靴下や、手袋で末端部分を温めることも大切ですが、特に女性の場合、下腹部の臓器が複雑な構造をしているため、お腹に冷えを感じやすいようになっているため、手足を温めたらOKとせず、お腹周りも冷やさないように意識して下さいね!

隙間時間の運動で、血行不良を解消!

いちご鼻にはウォーキング

次に意識して欲しいのが、軽めの運動です

この時期はつい寒さに負けて動くのが億劫になってしまいがちですが、運動不足によって筋肉量が低下してしまうと、どうしても心臓に血液を押し戻す力が弱くなってしまいます。

ですので、フルマラソン!とまではいかなくとも、出来るだけエスカレーターではなく階段を使うようにしたり、いつもならバスに乗ってしまうところを歩くようにしたりと、ほんの少し気を付けるだけでも筋肉が落ちることを防ぐことが出来ますので、ぜひ実践してみて下さいね。

もし+αで運動を始めたい!ということであれば、腕を大きく振るタイプのウォーキングがおススメです

ウォーキングはランニングに比べてケガのリスクも少ないですし、暫く運動してなかったけど・・・という方にはとってもおススメですよ♪

このように、生活の中で細かく運動することで筋肉量が上がり、体温が上がると血の流れが良くなり、ターンオーバーも順調に行われるようになりますので、ぜひ冬場は軽めの運動を心がけて下さいね。

血行不良の時にこそ取り入れて欲しい成分がこちら

いちご鼻にならないために

寒さで血行不良になったお肌は、お肌のハリや弾力の元となるコラーゲンエラスチンヒアルロン酸といった美肌に欠かせないものたちが不足しがちですので、これを外から補ってあげる必要があります。

そのために欠かせないのが、ビタミンCの中でも高い浸透率と持続性を誇る「油溶性ビタミンC誘導体」です!

この油溶性ビタミンC誘導体は肌表面の皮脂、細胞間脂質との相性がバツグンなので、皮脂腺からのビタミンCの吸収も出来る優れモノです。

さらになんと、油溶性ビタミンC誘導体いちご鼻になりたくない肌の真皮にまで到達することが出来、コラーゲンの生成を促進してくれます。

実は真皮には、肌のハリを決定づけるコラーゲンが、肌全体の約7割も存在していますので、ここに到達して働いてくれるというのはとても凄いことなんです!

そして油溶性ビタミンC誘導体は、浸透率は約4倍、効果の持続力は約43時間と非常に高いため、冬場のいちご鼻対策ケアとして絶対見逃せない成分ですよ♪

いかがだったでしょうか?

冬場のいちご鼻ケアというと、つい「乾燥対策」にばかり目がいってしまいがちですよね。

もちろん乾燥対策はとっても大切ですが、今日ご紹介した「血行不良対策」もしっかり行って、いちご鼻にならないように気を付けていきましょう